フィリピンネグロス島【レッドロック温泉】赤い岩が幻想的な温泉

引き続きネグロス島の温泉紹介です!昨日はなんとフィリピンでビーチに入らず、温泉をハシゴしていました笑。そのうちの1つを紹介したいと思います。

基本情報

名前:レッドロック温泉(現地名:Red Rock Hot Spring)
住所:Caidiocan, Valencia, 6215 Negros Oriental
入場料:40ペソ
ロケーション:★★★★☆
真っ赤に染まった岩や滝など綺麗な景色が満載です。
設備:★★☆☆☆
フィリピンの施設なので最低限のトイレシャワーはあるくらいです。
泉質:★★★★★
岩が真っ赤になってしまうほど濃い
行き方難易度:★★★☆☆
フィリピンのドゥマゲティまで行ければ問題なく辿り着けます。

アクセス

基本的にはあのダイビングスポットとして有名な最寄りの都市であるドゥマゲッティに滞在中に行くことになります。国内線空港もあるので、セブやマニラからも飛行機で直行できるでしょう。僕の場合はバコロドからまずで6−7時間かけて行きましたが、長時間バスはやはり疲れますね・・・。

ドゥマゲッティにはタクシーが一切走っていないので、バイクタクシーやトライシクルでの移動がメインです。僕はスクーターを1日レンタルして自分で走ってきました。ちなみに1日のレンタル代は300-350ペソが相場のよう。いちいち交渉したり、待っててもらうのは非常にメンドくさいのでドゥマゲッティは自分用のバイクをレンタルしてしまうととても動きやすくなります。

グーグルマップに従って進めば問題なく辿り着けます。山の方へ向かうので、だんだんと景色が良い感じになっていきます!

道路の脇から湯気が出ています!硫黄の匂いがかなり強くて、温泉地に来た!って感じですね。

温泉のすぐ近くまで行くと、岩が温泉の成分で真っ赤に染まってきました!流石レッドロックという名前が付いているだけあります。この真っ赤な岩の景色だけでも充分見る価値があるでしょう。

温泉の前にまずは滝へ

位置的には、温泉の方が手前にあるのですがまずはPulangbato Fallsという滝へ向かうことをオススメします。
温泉から2−3分走ればすぐに着きます。

食事も取れるような複合型施設です。入場料は50ペソ。そして真っ赤に染まった滝を見ることが出来ます。(中で泳ぐのも可能です)

ここも温泉だったら最高なのですが、冷泉でかなり冷たいです!ここ入った後に温泉で温まるのがオススメですので、滝は先に行きましょう。



温泉に入る!

では少し戻って温泉に入れる場所まで行きます。

入り口はこんな感じです。ボーッと走っていると見過ごしてしまうので気をつけましょう。。入場料の40ペソを支払って中に入ります。ちなみに水着で混浴です。海外の温泉は基本的に水着なのでカップルとか家族には良いですよね。裸を他人に見せないっていう文化もあると思いますが、日本よりも家族やカップル単位での繋がりが強いので、そういう人たちが一緒に入れるように、って意味合いもあるのかもしれません。

中は2つのお風呂があります。(ぬるめともっとぬるめの2つ)中は地元のご老人達&観光客の外国人がメイン。
熱い方のお湯でも38−39度くらいなので、けっこうずっと浸かっていられます。

浴槽の岩も赤く染まっています。口に付いた温泉を舐めてみてわかったのですが、血の味がする!そう、ここの温泉は鉄分を多く含んでいるんですね。なので、岩が金属のような光沢を放っているのだとわかりました。赤もなんだか錆びた鉄のような見た目です。

まとめ

温泉ももちろん良かったですが、真っ赤な滝や川などの面白い景色も沢山見れるので、ドゥマゲッティに行って時間がある人にはオススメです。ダイビングで冷えた体を温めましょう!

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村