日本からフィリピンへ荷物を送る方法3種!

「日本からフィリピンへ荷物を送る方法を知りたい」
「荷物を送る方法を比較したい」

この記事ではこのような疑問にお答えします。

以前、フィリピンから日本へ荷物を送る方法についての記事を書きましたが、今回は、その逆パターンである日本からフィリピンへ荷物を送る方法を紹介したいと思います。

留学中の家族やフィリピン人の友人はたまた恋人など、フィリピンへ荷物を送ろうと思っている人はぜひ参考にしてください。全部で3通りの方法を紹介しています。

ちなみにこの記事を書いている僕はフィリピンに3年間在住していた経歴があり、マイナーなことまでかなり知りつくしています。

▼フィリピンから日本へ荷物を送りたい人はこちらをどうぞ

関連記事:フィリピンから日本へ荷物を送る方法(EMSとDHL)

▼またプレゼントに特化した内容はこちらで書いてます

関連記事:日本からフィリピンにいる知人に簡単にプレゼントを送る方法

EMS(日本郵便)

EMS公式ページ→https://www.post.japanpost.jp/int/ems/index.html

日本郵便を利用するのがこのEMSです。フィリピンー日本間でも定番の方法ですが、完全空輸便なので到着はセブで1週間ほど。マニラだともっと早いでしょう。

フィリピンで受け取る際は昔は郵便局まで受け取りにいかないといけなく、めんどくさかったのですがセブではドアtoドアで家まで届けてくれるようになりました。他の地域のことはまだわかりません。

ネットでも配達状況が確認できますが、全然届かないようなら管轄の郵便局に行って確かめるしかないと思われます。

到着は通常で1週間前後ですが、著者が一度経験したのですがガジェット(電子機器など)が入っていると空輸できないものとして引っかかることがありマニラーセブ間が船便に変更されることもあります。
その場合は倍の2週間くらいはかかります。

日本からフィリピンへ配送する場合は必ずマニラを経由するので、その辺はマニラの状況や係員の裁量によるということになります。

料金に関しては、民間空輸業者よりかは少し安いですが、船便に比べると全然高いです。箱詰めして持っていった時に重さと地域により値段が決定します。

ある程度急ぎだけど値段をなるべく抑えたい場合はEMSが良いでしょう。また重量も最大で30kgまでと決まっています。

発送方法
①専用の箱を購入(自分で用意した箱でもok)
②箱詰め、書類記入
③最寄りの郵便局へ持っていくか、集荷サービスを利用

E国際便だとどこでもそうですが書類は送るものを1つ1つ金額を含めて正確に記入しなくてはなりません。

重たい場合や近くに郵便局がない場合は無料の集荷サービスもあるようです。うちはすぐ隣に郵便局があるので利用したことないですが。

民間業者 DHL, Fedexなど

DHL公式ページ→https://www.logistics.dhl/jp-ja/home.html
Fedex公式ページ→https://www.fedex.com/ja-jp/home.html

値段は最も高いが、スピード、重量制限無しなど、全ての面で最強なのが民間空輸業者たち。

世界中にネットワークを構築しており保障や会社としても超しっかりしていますので、ビジネスシーンや金はいくらでも出すからとにかく最速で運んでくれという人には最適です。

禁止されているものでなければどんなに重くてもなんでも送れます。

また指定の箱で送る必要もないので、スーツケースやゴルフバッグを丸ごと送りたいとかそういう使い方をする時もDHLです。

海外での進学やビジネスで必要な書類を送る際はFedexとかが有名ですね。書類でも値段を抑えたいならEMS利用が良いでしょう。



Balikbayan Box

TRANSTECH公式ページ→http://balikbayanbox.jp/index.html

TRANS TECHという民間業者が行なっているサービスなのですが急ぎではないのならば一番のオススメはこれ!

DHLとかはほぼ世界中に対応していますがトランステックさんは良い意味でフィリピンに特化しているため、日本〜フィリピン間ではある意味最強です。

私自身もセブ在住時には日本の親から色々な物資をこの会社を利用して送ってもらっていました。(残念ながらフィリピンから日本のサービスはありませんので、日本からフィリピン専用となります。)

他の会社が全て空輸なのに対して、このBalikbayan Boxは船便を利用しています。ですので大量の荷物を一度に送る場合は圧倒的に安い!もちろんその分時間はかかりますが。

配達までの時間は地域によって異なります。

メトロマニラ→3〜4週間
その他のルソン地域→4〜5週間
ビサヤ諸島(セブはここ)→5〜6週間
ミンダナオ島→5〜7週間
その他離島→5〜7週間

全てドアtoドアで届けてくれます。ルート的にまず日本からマニラ港の税関へ入りますのでルソン島だとやはり早いです。セブだとそこからまた船でセブまで向かうためさらに時間がかかります。長持ちしない食べ物はいれないように気をつけましょう。

箱の種類は以下。

コンパクトでもけっこうデカイです。重量は80kgまでオッケーということですが家まで集荷してくれるのが50kgまでなのでそれ以上だと自分でトランステクのオフィスまで行かないといけないようです。
よっぽど詰め込まない限りは50kgは超えないでしょう。

料金は2018年5月で上がったようですがそれでも各社と比較するとコスパは高いです。
箱の大きさと地域によって異なります。カッコ内は箱の体積です。

コンパクト(67375):メトロマニラ9000円 / その他ルソン9500円 / ビサヤ11000円 / ミンダナオ,離島11500円
プレミアム(128205):メトロマニラ11000円 / その他ルソン11500円 / ビサヤ13000円 / ミンダナオ,離島14000円
キューブ(198000):メトロマニラ12000円 / その他ルソン12500円 / ビサヤ13500円 / ミンダナオ,離島14500円
スーパーバリュー(252945):メトロマニラ13000円 / その他ルソン14000円 / ビサヤ15000円 / ミンダナオ,離島16000円

こうして比較するとデカイ箱の方がコスパは高いですね。スーパーバリューはコンパクトの4倍くらいの大きさがありますが、値段は2倍未満です。ただどの箱でも重量制限は同じようなので注意しましょう。

またビサヤ、ミンダナオ、その他離島地域用に2−3週間で届く空輸便もあるそうです。(マニラまでは船)

コンパクト(67375):ビサヤ18000円 / ミンダナオ,離島18000円
プレミアム(128205):ビサヤ20000円 / ミンダナオ,離島20000円
スーパーバリュー(252945):ビサヤ24000円 / ミンダナオ,離島24000円

値段は倍くらいですね。せっかくBalikbayan Boxを使うなら安い船便がオススメですが。

発送方法
発送は全てスタッフの方が自宅に来てやってくれるので、自分でオフィスに行く必要がなく楽!これも有難いポイントですね。おおまかな流れとしては、

①サイトから箱を注文→家に届く
②箱詰めしたら連絡してピックアップに来てもらう
③その場でお金を払うか口座へ振込
④終わり!

ということで、海外初心者でもかなり楽に出来るでしょう。

※輸送禁止物がいくつかありますのでサイトで最新の情報を必ずチェックしましょう。(フィリピンの法律に関するため随時変更されることが予想されます)



4社比較表

最後に4社の日本からフィリピンまでの料金や到着期間を調べてまとめて表にしてみました。

種類 書類配送の値段 荷物発送の値段 到着期間 箱指定の有無
EMS 空便 1,400円〜 10kg / 10,500円 約1週間 無し
DHL 空便 4,300円〜 10kg / 16,200円 1週間未満 無し
Fedex 空便 地域B  4,260円〜 10kg / 21,500円 1週間未満 無し
BalikBayan Box 船便 無し 80kg / 9,000円〜 1ヶ月以上 有り

※地域による違いや誤りがある可能性もありますので、最終的には各社のHPで見積もりを作成してもらってください。

というわけで用途別にオススメをまとめますと・・・

「書類を安く送りたい人」→EMS
「書類を早く送りたい人」→Fedex
「荷物を安く送りたい人」→Balikbayan Box
「荷物を早く送りたい人」→DHL
「大量の荷物を送る人」→Balikbayan Box

それぞれに長所短所ありますので、自分の用途にあったものを選びましょう!

▼フィリピンから日本へ荷物を送りたい人はこちらをどうぞ

関連記事:フィリピンから日本へ荷物を送る方法(EMSとDHL)

▼またプレゼントに特化した内容はこちらで書いてます

関連記事:日本からフィリピンにいる知人に簡単にプレゼントを送る方法

 

人気記事 【元英語学校マネージャー】の僕が本当にオススメするオンライン英会話5選

人気記事 【転職でTOEICを活かす方法】実際にTOEIC900点越えで転職活動をしてみた