【船で行く】バコロドからイロイロへの行き方を解説

実際に僕が体験した船でフィリピンネグロス島のバコロド市からパナイ島イロイロ市へ渡る方法をご紹介します。

ちなみに飛行機も飛んでいますが、安くても1000-2000ペソくらいはかかるでしょう。
船ならば200ペソ程度で渡航が可能です。

船はバコロド港から

港はバコロド市で最大のモールであるSMシティーのすぐ近くにありますので、比較的アクセスは良いかと思います。SMがあるということはジプニーとかタクシーも多いですし、周辺にはホテルもあります。SMからなら徒歩圏内です。

もし時間があれば事前にチケットを購入しておくと安心です。
普通の平日とかならその場でも問題ないかと思いますが、混み合う時は絶対事前に買いましょう!

港に行くといくつか船の会社が並んでいます。基本的にはどこでも一緒なので、時間が合うところか空いているところにいくと良いかと思います。普段僕は2GOが運営するスーパーキャットを利用することが多いのですが、オフィスが何故か閉まっていてどうしようもない状態だったので、他の会社でチケット買うことに。

今回僕が利用したのは”SRN FAST SEACRAFTS”というところ。バコロドからイロイロで240ペソでした。エアコン無しの席です。エアコン有りだと250ペソ。あんまり変わらないですね。

船のエアコン席って超絶寒い時が多いので、船に乗る時は基本的に外部席を買うことにしています。エアコンがんがんよりも海風にあたっている方が気持ちいいですね。

ちんみにスーパーキャットのタイムテーブルはこんな感じ。190ペソなのでこっちのが安いですね。

チェックインと乗船

チケットを買ってあれば出発30分前程度に到着しましょう。
買ってなければもちろんまず購入。

僕の船は朝8:10発で7:30くらいに港に着いたのですが・・・、年末年始休暇が終わった時期くらいだったので早朝からでもこの超混雑具合・・・。買っておいてよかった。

チケット買う人の列がとんでもないことになっています。フィリピン人は念のために事前に購入するとかいう考えがあまりないので、当日券はこんな感じになります。

まず事前購入したチケットをこの「Boarding pass」のカウンターでチェックインします。
ただチェックインするだけなのに、大混乱でめちゃくちゃ待たされました。

中も凄い混雑。椅子が無かったので立って船を待ちます。

10分遅れくらいでゲートが空きました。

船は100-200人乗りくらいの中型船。あれだけ並んでいただけあって席は全て埋まっています。

まとめ

こんな感じであとは1−2時間程でイロイロに到着です!

現地の人が使っているだけあって船での移動はやはりコストを最小限に抑えられるので良いですね。
エアコン席との差はたった10ペソでしたが、エアコン席だと座席にクッションがついていた(エアコン無し席はプラスチック)のでその方がコスパは良いかもしれません。

ちなみにイロイロ港にはジプニー、シャトル、タクシー等移動手段が豊富にありますので、到着後も特に問題なく目的地へ移動できるかと思います。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村