マニラでミシュラン1つ星ラーメン【蔦Tsuta】

今やラーメンがブームになっているフィリピンでは各地で日系のラーメン屋のオープンが相次いでいます。

そんな中マニラで話題なのが2017年10月にオープンした[蔦 Tsuta]です!
なんといってもラーメン店として初めてのミシュラン1つ星を獲得した店とのことで、話題になっています。

本店は東京都の巣鴨にあり、フィリピン以外にも台湾、中国、シンガポールなどに出店していて、海外展開に力を入れているようです。日本だとどちらかと言うとラーメンは安くて気軽に食べれるものというイメージがありますが、海外では真逆で高級食です。アメリカの一蘭の一杯2000円が有名ですが、ラーメン屋も世界を目指す時代なのですね。

場所と行き方

マニラで最も治安がよくて最先端なBGC(ボニファシオ・グローバル・シティ)内にラーメン屋蔦は位置しています。
治安があまりよく無いというフィリピンの中でもマカティとこのBGCは別格です。特にBGC内は犯罪率が0%と言われているくらいの治安の良さ。安心して訪れてください。

このストリートには蔦以外にも、一康流、てんや、丸亀製麺、とんかつのサボテンなど様々な日本食が集まっているエリアです。ここに行けば絶対美味しいものあります!

アクセスですが、ジプニー(侵入禁止エリアになっている)やモノレールは通っていないので、基本的にはウーバーかタクシーで行くのがオススメです。
可能な限り安く済ませたい場合はMRTで最寄り駅である Buendia Avenueまで行ってそこから頑張って歩くというのも有りです。約1.5キロあるので30分くらいはかかりそうですが。

蔦のメニューを紹介

外観と内観はこんな感じ。日本の店舗には行ったことがないのですが、同じようなデザインなのでしょうか?
フィリピンの店舗にしてはカウンターがけっこう多いです。ビジネス街でもあるので1人の人も多いのでしょう。

ラーメンのメニューはこんな感じです。
醤油、塩、味噌があってそれを選んであとはトッピングを載せることで値段が上がっていきます。
一風堂のデフォルトラーメンが400ペソであることを考えると、ミシュラン1つ星で390ペソ(約850円)デフォルトならまあ有りかなーと感じます。

全部乗せの620はちょっと高すぎですね・・・。ただ味噌は醤油+10ペソなのに、全部乗せだけ何故+50なのか謎・・・・。

なんかミシュランだとあっさりで洗練されているイメージがあったので、僕は塩味玉をチョイス。

あっさりですが美味しい!普段豚骨ラーメンばっかり食べているので、たまにはこういう塩ベースであっさりしているけど洗練されたラーメンもいいですね!

あと一風堂のようなこってりめのチャーシューが苦手なのですが、ここはあっさり脂身も少なめでよかったです。
麺はちょっと多めなので、替え玉とか無しこれだけで充分でした。サイドメニューは写真撮り忘れましたが、150-200ペソくらいって感じでした。ただラーメンだけでもけっこうお腹一杯になります。

まとめ

今まで海外展開しているラーメン屋さんって、けっこう豚骨でこってり系のところが多かったので、こういうあっさりだけど洗練されたスープは無かったように感じます。

本格的な日本レベルのラーメンが食べたいけど、今日はあっさりの気分。という方は是非お試しあれ。

基本情報

住所:C3, 7th Ave, Taguig, Metro Manila
営業時間:11:00-23:00
値段:390ペソ~

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村