自分流、洋服を買うときのルールの話

どうも、マーティンです。

今までは基本的にキーワードを選定してSEO向けに記事を書いていましたが、SEOガン無視の当ブログリピーター様向けのコラム的なものもこんな形式で書いていこうと思います。

なお、このテーマで書いてほしいみたいなリクエストがあればこちら質問ボックスより。

Peing -質問箱-

ビジネス,建築,旅,語学が特に好き【経歴】法政大→新卒でフィリピンに3年間定住→強制帰国→都内で建築士■1992年生まれ…

持っている洋服の話

今日は僕が持っている洋服の話、また僕はあるパターンというか自分の中でルールを作っていて、基本的にはそれに沿って服を買っているのでその辺を話していこうかと思います。

 

ビジネス界では、スティーブ・ジョブズや元オバマ大統領がまったく同じ服を何着も持っていて、同じものをずっと着まわしているのは有名な話でしょう。

これは人間は1日に物事を決断できる容量が決まっていて、「服を選ぶという行為」にも容量が食われています。経営者や大統領ともなると毎日の決断量が非常に多いため、少しでも本業で良い意思決定を降せるように服選びにその容量を使わないためという理由からきています。これは科学的にも証明されていることです。

またこの話は超トップ層だけのものではなくて、割と経営者やビジネスマンではあるあるなことです。

 

僕の場合もまったく同一とまではいきませんが、ある程度パターン化させています。

服選びに限らず、ルーティーン化できる且、ルーティーン化しても問題ものに関しては、上記のような理由からどんどんルーティーン化していくべきであると考えています。

完全同一のもの

インナー関連に関しては、色種類ともに完全に同じものを4−5着持っています。

靴下→無印のグレーのものを約10足分

無印はユニクロよりも生地が薄くて通気性が良い感じがするのでこちらを愛用しています。ちなみに靴下に関しては、左右の区別がないものがオススメです。2足ずつに仕分けする必要がないですし、片方が破れても同じものが大量にあるので使い続けられます。コスト的な面から見てもアドバンテージがあるかと。

下インナー→ユニクロの黒のエアリズムのもの。

これは快適ですし、洗ってもめちゃくちゃ乾きやすいので海外をバックパック旅している時とかも重宝します。

上インナー→夏はユニクロのエアリズムで、冬はユニクロのヒートテック。

これも色は必ず揃えます。かつ僕の場合はVネック。首が苦しいのが嫌いという理由もありますが、Vネックの最大の利点は前後ろが一瞬で確実にわかるところです。クルーネックでタグとかもないと、マジでどっちが前なのかわからないので嫌いです。

パターンを決めているもの

パンツ→ユニクロの黒のもの

パンツは黒のものしか買いません。黒ならどんな色のシャツやアウターとも合いますので。青にしちゃうと青シャツと相性が悪くてどうしようみたいな時間が生まれてしまいます。これが無駄なので下は黒で統一しています。黒は見た目的にも細く見えるので尚良し。

夏シャツ→白系Tシャツ

夏はシンプルに白Tシャツに黒パンツです。ブランドはユニクロはもちろんアウトドアブランドが好きなのでNORTH FACEとかよく着ます。あとは機能重視でスポーツウェアもけっこう着るかな。

冬→フード付きパーカー

これは暖かいし、単純に着心地も良いので。あとシルエット的にも自分に合う感じがしています。ブランドはまちまち。街中で見つけた気に入ったやつを買っているような感じ。

フォーマル時→紺か黒ジャケット

ちょっとフォーマルになりたい時は、基本形の黒パンツ&白シャツにジャケットを足すだけで良いかなと。ちなみに襟付きのシャツは基本的には着ないです。首が苦しいので。。ジャケットは作りやデザイン性によって良し悪しが顕著に出るかなと思っているので、結果的にそこそこのブランドのやつを買うことが多いです。

 

だいたいこんな感じです。

店先でちょっといいなと思って誘惑されても、このマニュアルを意識していれば余計な買い物をしないで済みます。

脳のパワーを他のところに回せますし部屋の荷物も減らせるので、自分なりのルールを作ってみてはいかがでしょうという話でした。

 

このテーマで書いてほしいみたいなリクエストがあればこちら質問ボックスより。

Peing -質問箱-

ビジネス,建築,旅,語学が特に好き【経歴】法政大→新卒でフィリピンに3年間定住→強制帰国→都内で建築士■1992年生まれ…