『サラリーマン2.0』新しい旅とサラリーマンのスタイルを提案

こんにちは。自分が旅できるのに越したことはありませんが、仕事をしているとなかなかそういうわけにもいかないものです。
そんな欲求不満な時に手にしてしまうのが旅本なのかもしれません。

そして今回紹介しますのはリーマントラベラーこと東松寛文さん著の「サラリーマン2.0」という本です!

サラリーマン2.0 週末だけで世界一周

たまたまAmazonで目にしてキンドルでポチった本。近頃「2.0」って付く本多いですよね。「お金2.0」も読みましたが、今までとは違う新しい概念という意味でこの2.0は使われています。

ですので、このサラリーマン2.0は旅本ではあるのですがサラリーマンの新しい在り方を提案するという目的も大きいのでしょう。EU圏で働いている知り合いとかの話を聞くと、日本の労働環境はまだまだだなと感じてしまいますがそれでも働き方改革により目に見えて変わってきているように思います。

自らをリーマントラベラーと名乗る著者は、広告代理店という激務環境の中、週末だけで世界一周したことで有名になり、本書はこの体験談的な感じ。金曜の夜に仕事終わりそのまま空港へ向かい、月曜の朝に空港へ到着してそのまま会社へ・・・なんていう超ハードなスケジュール笑。
すごい面白いと思う旅行スタイルですが、僕は絶対真似したくないですね笑。

本自体は小難しいことはなく、スラスラ読みやすく、読み物としては面白かったと思います!
新しいサラリーマンのスタイルとして定着するのは難しいとは思いますが、海外で異文化を体験したり、人との出会いだったりそうしたことが最終的に仕事の良い成果とかモチベーションに繋がるのではないかという考えには賛同します。

今の会社に入って半年弱が経ちますが、僕の休日の過ごし方もある程度、固まってきたように思います。
建築という仕事柄、月曜ー土曜まで仕事という週が多いです。その代わりプロジェクト終わりに出勤した土曜の休みをまとめて消化できるためドカンと長い休みをとることが出来ます。

普通の休み→家かカフェに篭って勉強orサイト更新など
長い休み(1週間くらいが多い)→旅行で遠出!!

こんな感じで普段過ごしています。休む日と書いて休日ですが、休日の方が平日よりもハードに動いてることも多かったりします。朝も7時くらいには自然に目が覚めて活動しています・・・。

また将来的には仕事をやめてガッツリ世界一周しようとも考えていますので、わざわざチケットの高い旅行シーズンに行くよりかは今は貯金したり、投資したりして将来に回そうという思考にもなっていますね・・・。本ではやはりかなりお金かけて行っていますが、総旅費として見ればやはりまとめて行った方が全然安いですので。月曜までには必ず帰国していないといけないというプレッシャー有りの旅も個人的には耐えられなそう・・・笑。

この本を読んでのアウトプット3つ

・旅行は週末に細かく行くのではなくて、仕事やめて長期間ドカンと行く
著者のスタイルは自分には合わないと感じたので、僕はやはり長期間がっつり旅に浸かる派と再確認。

・環境に言い訳しないこと
サラリーマンをしながらでも世界一周できる!というのはまさしくこういうことではないでしょうか。著者の場合はむしろそれがアドバンテージとなりここまで有名になれたところもあると思います。

・自分だけの世界一周スタイルを確立する
世界一周している人は既に山ほどいるため、この本の「週末だけで世界一周」のように自分なりの特徴を確立した旅にしたいと思います。

まとめ

今の仕事を続けながら色んな所へ行ってみたいという方にはとても参考になる体験談でしょう。また今ただ働いていて、これでいいのか?とか刺激を求めている人にも面白いでしょう。

どんな環境でもその気になればなんだって出来るんだってことを学びました!

この人テレビも出てるみたいだし、もう会社辞めても生きていけるんじゃね?って思うんですが、やめたらサラリーマントラベラーじゃなくなり矛盾が生じてしまうのが難しいところですね・・・笑笑

リーマントラベラー公式ブログは↓
http://www.ryman-traveler.com/