有馬温泉でとりあえず行っておくべき温泉と観光スポットを解説します

・有馬温泉でオススメの温泉,観光スポットが知りたい
・初めての有馬温泉でとりあえず押さえておくべきスポットが知りたい

この記事ではこのような疑問にお答えします。

先日実際に有馬温泉に行って一泊二日してきました。


温泉ソムリエの僕が実際に滞在した時に自身で行って良かったと思ったスポットを温泉と観光スポットに分けて紹介していきたいと思います。初めて有馬温泉に行くという方はとりあえずこれらを押さえておけばOKです。

有馬温泉の場所とアクセス

有馬温泉は兵庫県の神戸市に位置しており、大阪や神戸といった都心部からも非常にアクセスの良い温泉地です。

↓詳しいアクセス情報はこちらの記事で解説しています

関連記事

公共交通機関を使った有馬温泉までのアクセス方法が知りたいです この記事ではこのような疑問にお答えします。 兵庫の有馬温泉にきています!三軒くらいはしご湯したかったのですが、成分が濃すぎて体力的に厳しそう… pic.twitter.c[…]

そのアクセスの良さと観光地としての規模自体もそこまで大きくないため、日帰りでも充分楽しめる本格温泉地と言えます。ちなみに僕は一泊しました。有馬温泉の温泉はとにかく濃いので一日に何ヶ所も入ると湯あたりする可能性が高いのでオススメしません。それゆえに色んな温泉を存分に楽しみたい人は一泊するくらいがちょうどいいでしょう。

有馬温泉で行っておくべき温泉スポット

金の湯

まず大きく分けて有馬温泉には2つの源泉があります。ひとつめは豊富な鉄分が酸化することで金色になることから名付けられた金泉。もう一つは無職透明な炭酸泉でこちらが銀泉と呼ばれています。

有馬温泉にはこれらの源泉を日帰りでも楽しめる公衆浴場があり、金泉の方がその名の通り「金の湯」です。

商店街のようなメイン通りに位置しており、めちゃくちゃ目立ちます。建物左側には金泉を利用した足湯も設置されており、こちらは無料で利用することができます。足湯は散策に疲れた人の休憩場所のようになっており結構混んでます。

浴室は熱湯とぬる湯の2つのみで極めてシンプルな作りです。黄金の源泉をしっかり楽しめます。

日中は日帰り観光客で非常に混雑します。僕が行ったのは年始の休暇シーズンだったこともありますが、ロッカーが足りずに待ちの行列ができていました。朝早くから夜まで営業していますので、朝イチor18時以降に行くとかなり空いています。混むのはだいたい10~17時って感じですね。

料金:大人650円,小人340円,幼児無料
営業時間:8~22時(21:30が最終入場)
公式ページ:http://arimaspa-kingin.jp/cont01/cont01-flm.htm

銀の湯

次に金と対になる存在である銀泉です。せっかく有馬にきたなら金と銀どちらも制覇しておきたい所です。大きいホテルとかだとだいたいどっちの源泉も入っていると思います。

こちらは金の湯から坂を登って5−10分程度の場所にあります。駅や中心部からは若干離れているため、金の湯よりは空いています。銀の方が成分としては少し薄いため、湯あたりしやすい人は銀から慣らして金へ行くと良いかと思います。

浴室は大きめのものが1つとサウナがあります。こちらも内部はいたってシンプルです。温泉自体を楽しむには無駄な装飾は必要無いというこだわりが感じられます。そのくらい有馬の泉質は本物ですね。

料金:大人550円,小人290円,幼児無料
営業時間:9~21時(20:30が最終入場)
公式ページ:http://arimaspa-kingin.jp/cont02/cont02-flm.htm

太閤の湯

※2018年5月7〜2019年3月31日まで改装につき休館中

僕が行ったときは改装中で営業していなかったのですが、大きめの温泉施設も有馬にはあります。いわゆるスーパー銭湯のような規模の施設で温泉を使っているような感じです。水着エリアもあるので、家族やカップルとかはこっちの方がいいかもしれません。

料金:大人2,400円,小人1,200円,幼児400円
営業時間:10~23時(22時が最終入場)
公式ページ:http://www.taikounoyu.com/

源泉巡り(飲泉)

時間があれば源泉巡りをするのも面白いでしょう。
最もオススメなのは飲泉ができる銀泉の源泉公園です。

ヨーロッパの温泉とかだと飲泉場ってかなり定番だったりするんですが、日本では飲泉できる温泉地は多くないです。有馬はその貴重なひとつでもあるので是非飲んでみてください。

銀泉は炭酸泉としても有名で、昔の人はこれに砂糖を入れてサイダーとして飲んでいたそうです。炭酸はかすかに感じる程度でそこまで強くはありませんでした。あとはちょっと鉄の味がします。基本的には飲泉って治療の一貫なので、良薬口に苦しって感じです。美味しい温泉ってのは今まで見たことないですね。

この他には街中に金泉の源泉がチラホラありますので、散策しているうちにいくつか見つかるでしょう。

有馬温泉で行っておくべき観光スポット

有馬川

有馬温泉の中心を流れる有馬川。冬は割と殺風景ですが、春〜秋は景色を楽しめるようです。特に何があるというわけではないのですが、有馬温泉に行ったのであれば見ておきたい景色のひとつです。

温泉寺

坂を登ったエリアにはお寺がいくつかあります。温泉寺もそのひとつで、僕の場合は新年休みに行ったため、初詣をここで行いました。温泉ファンであればお参りしておきたいお寺です。

商店街

歩いて入れば意識しなくても通ることになりますが、有馬温泉には商店街エリアがあり、立ち食いグルメや買い物が楽しめます。僕は和菓子全般が苦手なためコロッケくらいしか食べてないですが、日帰りの人達は温泉に入りつつ食べ歩きしましょう。温泉入浴には実は体力を使うため、腹ペコ状態で行くとクラクラしたりすることもあります。満腹なのも良くないのですが、ちょいちょい食べ歩きつつ入浴を楽しむというのは体にも良いスタイルだと思います。

まとめ

以上、初めて有馬温泉へ行く人がとりあえず押さえておくべき観光スポットを紹介しました。ここに挙げた所を全て周るのは一泊二日向けになりますので、日帰りの人はこの中からピックアップしてみて下さい。

↓ちなみに僕が泊まったオススメの宿はこちらの記事で詳しく書いています。

関連記事

有馬温泉で1人旅でオススメの宿を知りたいです 有馬温泉で1人1万円前後で素泊まりできる宿を知りたいです この記事ではこのような疑問にお答えします。 お正月休みに有馬温泉まで行ってきました。 兵庫の有馬温泉にきています!三軒く[…]