【中級者以上向け】ネイティブと学べるオンライン英会話まとめ

この記事を読んだらわかること
・ネイティブ講師が在籍しているスカイプ英会話がわかる

この記事では数あるスカイプ英会話の中からネイティブ講師が在籍していて、質の高いレッスンが受けられる会社をピックアップして紹介していきます。

「せっかく英語を学ぶならネイティブスピーカーから学びたい!」

という方は是非参考にしてみてください。

どこの国がネイティブスピーカー?

まずは英語のネイティブスピーカーとは一体どこの国の人達を指す言葉なのでしょうか。
定義の仕方によって微妙に変わって来るところではあるのですが、一般的には下記の国の人達が英語のネイティブスピーカーと呼ばれています。

・アメリカ
・イギリス
・アイルランド
・オーストラリア
・カナダ
・ニュージーランド
・南アフリカ

こうやって並べてみると意外と少ないなーという印象を持つ人が多いんじゃないでしょうか?あと意外なところでは南アフリカも英語ネイティブな国なんです。ちなみに「英語を公用語として話している国」という括りにすると数はどんと増えます。

同じネイティブスピーカーといってもアメリカとイギリスでも使う単語だとか表現、発音アクセントなどけっこう違ってくる部分も多いですね。試験の関係でこの国の英語を重点的に学ぶ必要がある人以外はそこまで国籍を気にする必要はないかなーと思います。

とはいえ、やはりネイティブが使っている英語はかっこいいし憧れますよね。

ネイティブ講師のメリット

・発音、アクセントが良い
・スピードが早い、単語や文法のレベルが高い
・ライティングの添削ができる

記事の題名で「中級者以上向け」という風に書いていますが、初級者であっても全く問題はありません。しかし中級者以上には初級者には無いメリットがあると考えています。

オンライン講師をしているネイティブスピーカーはプロなので、英会話初心者でもわかるような表現とかスピードとかを使い分けることが出来ます。なので初心者が受ける分にも全く問題無いわけです。

しかし本来は英語を話す人としては最高峰の力を持っており、話すスピードはめちゃくちゃ早いですし使う単語のレベルも高く、文法も複雑なものを使います。非ネイティブでは再現出来ないほどの力を持っており、こうした所が中級者以上の授業だと発揮できてくるためメリットがあると言えます。

またネイティブだと授業料が上がる傾向にもありますので、コスト的に考えても初心者はまずはフィリピン人講師で十分なのでは?というのが僕の意見です。

またネイティブはライティングでも大きなメリットを発揮します。スピーキングであれば非ネイティブでも充分過ぎるくらいの授業を行えるのですが、ライティングに関してはこのシチュエーションでこの単語は合わないだとか、そういった細か〜いニュアンスが沢山存在しており、この辺はネイティブでないと指導が難しい範囲になります。

外国人と言えど、海外でのビジネスや大学でのレポートには完璧な文章が求められます。このレベルとなるとネイティブ講師からの添削が必須だと思いますね。

ネイティブ講師が在籍しているスカイプ英会話4社

DMM英会話

【月額¥15,800〜/1レッスン¥485〜】

スカイプ英会話では大手のDMM英会話ではネイティブと非ネイティブを含めると109ヶ国の講師が在籍しており、当然その中にはネイティブもおり、先ほど挙げたネイティブ国は全て含まれています。

一般的には同じ講師と授業を続けていくスタイルが主流ですが、DMMは講師の多さが魅力のひとつでもあるので是非色々な人と話してみて下さい。

DMM英会話は最安で1レッスン150円から受けられるのですが、ネイティブの場合はプラス料金が発生して1レッスン485円からとなります。1時間で換算すると1,000円いかないのでこれでも破格と言えますが、やはりネイティブ講師の場合は授業料が上がる傾向にあります。

▼無料体験レッスンを受けてみる

【DMM英会話】オンライン英会話☆無料体験レッスン受講 

ネイティブキャンプ

【月額¥5,950〜/レッスン受け放題】

名前にネイティブと付いているだけあって当然ネイティブ講師も在籍しています。ネイティブキャンプのネイティブ講師はイギリスの人が多いそうです。

ネイティブキャンプの特徴は月額5,950円で事前予約無しで直前に取る「今すぐレッスン」が受け放題なところです。さらに予約無しであればネイティブであっても追加料金無しで受講することが可能です。(予約の際は追加料金発生)

空き状況は運や曜日・時間帯によって異なってきますがネイティブと学べるスカイプ英会話の中ではコスパ最強と言えます。

▼無料体験レッスンを受けてみる

月額5,950円でレッスンが24時間受け放題!NativeCamp

Best Teacher

【月額¥12,000〜/レッスン受け放題】

しっかり学びたい人に僕が一番オススメしたいのがこちら。特に自宅でTOEFLやIELTSなど4技能が問われる試験を対策したい人には最適だと思います。

Best Teacherの最大の特徴はライティングも行うことができること。スピーキングばかりが注目されていてライティングを勉強している人ってあまりいないと思いますが、ビジネスや海外正規留学など一歩上を目指すような人達には必須の科目であり、実は日本人が最も、スピーキングよりも苦労する分野がライティングだったりします。
ライティング力は急に上げるのが難しく、地道な努力が必要とされるので英語学習序盤から取り入れるのもかなり有りだと思います。さらに中級者以上のライティングの添削はネイティブが必須なのでその点も良しです。

このように独自のシステムとカリキュラムで総合的な英語力をしっかり上げることができますので、会話だけでなく長期的な目標に向かってしっかり力を付けたい人にはオススメしたいです。

▼無料体験レッスンを受けてみる

WritingとSpeakingを両方学びたいならベストティーチャー(Best Teacher)

EF English Live

【月額¥8,532/グループレッスン30回/月,マンツーマンレッスン8回/月】

最後に紹介するのはEF English Liveです。

特徴は何と言っても全ての講師がネイティブスピーカーなこと!またレッスンもグループであれば毎日、マンツーマンでも週2回受けれる計算なのでコスパ的にもかなり良いです。

講師が全員ネイティブなのはなかなか珍しいことで紹介した他のところでは非ネイティブも混ざっていますので、ネイティブと学ぶことに強いこだわりがある人は試してみると良いかと思います。
またこちらの学習システムではスカイプによる英会話授業だけでなく、専用スマホアプリやPCにより一人で行う学習もできます。

サイトorアプリの自己学習によるインプット→スカイプ英会話でネイティブにアウトプット

という流れを作ることでインプット&アウトプットのバランスを取ることができ、さらにこのサイト1つで英語学習を完結させることが出来ます。どうせここを使うなら他の参考書等には浮気せずここだけ一極集中の学習をすると効果が出やすいと思います。

▼無料体験レッスンを受けてみる

オンライン英会話のEFイングリッシュライブ。1週間無料体験あり 

迷ったらとりあえず無料体験レッスンを受けてみよう

今回紹介した4社は全て無料での体験レッスンを提供していますので、とりあえずネイティブと非ネイティブの違いだけ体験してみたい!という人も一度受けてみると向き不向きがわかるでしょう。

最後の「EFイングリッシュライブ」では1週間分も無料で受けられるのでかなりお得ですね。

以上の4つを大きく分けると、
「DMM英会話」「ネイティブキャンプ」→会話がメイン
「Best Teacher」「EFイングリッシュライブ」→会話だけでなくライティングや自己学習も可

といった違いがあります。
まずは気軽に始めてみたいという人は前者を、しっかり目に勉強したいという人は後者がオススメですね。