留学後に英語力を維持&向上させる方法5つを解説

この記事を読んだらわかること
・留学後に英語力を維持する方法がわかる
・留学後に英語力を向上させる方法がわかる

留学経験者の共通した悩みとして
「日本へ帰国した後に英語を使う機会がない」ということがあります。

僕は実際にこの悩みを経験して自分なりに色々工夫して、次の海外生活へ向けて英語力を維持、向上できるように意識しています。
今回はその代表的な方法を5つ解説したいと思います。

留学後に英語力を維持&向上させる方法5つ

スカイプ英会話を利用する

僕の周りを見ていても一番多いのがおそらくこの方法だと思います。
24時間授業が受けられるところが多いので、忙しい人でも隙間時間で学習できますし、何より値段が安いですよね。

スカイプ英会話は毎日コースを設けている所が多いので、毎日25分これを使って会話をしていれば留学で得たスピーキング力の維持はできるでしょう。しかし、スカイプ英会話は授業時間が短い上に画面越しで細かい間違いの指摘がしづらいということもあり英語力を向上させるのは結構意識的にやっていないと厳しいですね。

スカイプ英会話を使って本格的に英語力を鍛えたい人は、フリートーク無しで授業時間が50分でもできるところを探して見るといいかと思います。

オススメのスカイプ英会話はこちらの記事で書いています。

関連記事

・本当に質の高いオンライン英会話が知りたいです ・目的に合ったオンライン英会話が知りたいです この記事ではこのような疑問にお答えします。 英語学習ブームでかなり数が増えたオンライン英会話ですが、元フィリピンセブ島の英語学校マネージ[…]

週1で英会話スクールに通う

スカイプ英会話の次の候補として挙がるのが”オフライン”での英会話スクールです。料金が比較的高いことと通う必要が出てくるため多少ハードルは上がります。

しかし例え週1回であってもスカイプ英会話より英語力の向上がしやすいと考えています。
それは一回の授業時間が長くがっつり授業できることと、カリキュラムや講師の質も高くパソコン越しよりも学習環境が良いからです。週1回のアウトプットと平日のインプット学習を組み合わせれば日本にいながらでも充分に英語力を向上させることは可能です。

あとは数値的な説明はできないのですが、オフラインにはオンラインには無い臨場感や高揚感があるように思います。オフラインの授業を終えるといつも必ずモチベーションがアップしている自分がいます。継続的な学習においてモチベーション維持は必須なのでこういう点もオフライン英会話のメリットだなと感じます。

よくわからない人は実際に試してみてください。なんとなく僕の言ってることがわかるかもしれません。

関連記事

マンツーマン授業でコスパの良い英会話スクールが知りたいです。 この記事ではこのような疑問にお答えします。 今までは英会話というとグループ授業が主流でしたが、最近の主流はもはやマンツーマンです。マンツーマンの方が圧倒的に喋れる時間が多[…]

英語を使う仕事に就く

条件は限られてきますが、有効な方法のひとつですし留学で学んだことを直接活かして働けるのでキャリア的にも悪くないでしょう。

パターンとしてはそのまま留学先の国で働くか他の国へ行くパターンがひとつ。もうひとつは日本に戻って英語力を活かして就活するパターンです。英語力を考えるともちろんそのまま外国で働くのがベストなのですが、日本国内でも英語を必要とされる求人はかなり増えてきた印象なので日本の生活が好きな人は英語力を活用して就活or転職活動をしましょう。

仕事で使うのであれば、アウトプットの場は約束されていることになります。しかしTOEICでいうと800点レベルでほとんどのシチュエーションで事足りる様になっちゃいますのでさらにその先を目指すのであれば例え外資で働いていようとも意識して努力していく必要があります。

関連記事

働きながら英語を身につけられる仕事はどんなものがあるか知りたいです。 この記事ではこのような疑問にお答えします。 働いてお金を稼ぎながら同時に英語を身につけられたら最高なのに・・・というのは英語学習者であれば誰もが考えたことがあるの[…]

身の周りの言語設定を英語に変える

例えば僕の場合だと、スマホの設定を英語に変えています。これは初めて大学生の時に留学して帰ってきてからずっと続けていることです。

もちろん最初のうちはわからない単語が多く出てきて調べたりするのですがそれが勉強になります。パソコンを英語にするのは若干ハードルが高いのでまずはスマホから変えて見るのがオススメです。

あとさらに上級者編だと映画は英語+字幕で見るようにするとか、英語の本を読むようにするとかとにかく日常の周りにあるものを英語設定に変えていくようなイメージです。日常=出会う回数が多いので、これを続ければ自動的に英語に触れる回数が増えて能力向上に貢献することができます。

外国人の友達,英語学習仲間をつくる

外国人の友人をつくるのが良いことは言わずもがなであると思います。留学中に仲良くなった先生や現地の人、また他の国から留学にきている外国人とも沢山出会うと思いますのでそういう交流は大事にしましょう。

そして僕がもう一つ大切だと思うことは、同じく英語力向上を目指して努力している「英語学習仲間」をつくることです。

先ほどお話しした通り、継続的な学習にはモチベーションが非常に重要です。周りに自分よりも努力している知り合いとかがいると影響を受けたりしますし、お互いに情報交換とかもできるのでこの学習仲間は是非見つけて欲しいですね。自分よりも圧倒的にできる人でもいいかもしれませんし、同じくらいのレベルで切磋琢磨できるのもまた良いですね。

仲間の見つけ方としては、留学中の友人、英会話スクールのクラスメイトなど色々な方法があると思います。
今後は僕も、英会話カフェとか英語飲み会とか色々参加してみる予定なのでレポートしていきたいと思います。

関連記事

この記事を読んだらわかること ・Vital Englishの英語勉強会の雰囲気,内容がわかる ・Vital Englishがどんな人にオススメかわかる 英会話のイベントである「Vital English 英語勉強会」に参加してきました[…]

↑行ってきました。

まとめ

留学後に英語力を維持・向上するための方法を5つ紹介しました。
まとめると、

・スカイプ英会話を利用する
・週1で英会話スクールに通う
・英語を使う仕事に就く
・身の周りの言語設定を英語に変える
・外国人の友達,英語学習仲間をつくる

ということになります。

個人的な感覚としてはこの中で2-3つやっていれば維持することができるでしょう。それにプラスしてインプット学習をしていれば向上も狙えるようなイメージです。