パナイ島イロイロ空港と市内までのアクセスを解説

フィリピンのパナイ島に位置するイロイロ空港の内部と、市内までの・からのアクセス方法について説明します!

パナイ島イロイロ空港と市内までのアクセスを解説

空港の場所

イロイロ空港といっても実際にはイロイロ市ではなく市街地から割と離れたところにあります。

空港から市内中心部のSMモールまでは約17キロもあります。まあ日本の成田よりかは全然マシですね笑。実家らへんから成田までの距離を調べたら70キロもありました。

とはいえ市内-空港間は道が空いていて30分、混んでいると40-50分はかかりますので時間には注意しましょう。

空港から市内までのアクセスは大きく分けて3つです。

①タクシー

イロイロ市にはけっこうタクシーの数が多いです。今回僕は利用しませんでしたが、メーターでいくと300ペソを少し超えるくらいになるようです。セブ市内から空港までが200ペソ強なのでやっぱりけっこう遠いですね。

②シャトルバン

今回僕はこれを利用しました。SMシティーモールと空港の間を専用のバンが通っています。
直行かつ料金が70ペソなので、費用も抑えられます。

僕が海路でパナイ島に入ったので、空港→SM間は利用していないのですが基本的には同じだと思われます。
SM→空港間のシャトルはSMモール正面左側にこんな感じの停留所がありますのでここで乗ることができます。

時間は特に決まっておらず満員になったら出発っていう感じなので、タクシーでいくよりも余裕をもたせた方がいいでしょう。

③ジプニーで頑張る

ジプニーでも何本が乗り継げば辿り着けますがあまりおすすめはしません。

ちなみに僕は今回利用しませんでしたので詳細はわかりません。

空港内部の様子

こちらがまずメインゲートです。フィリピン地方空港の中では今まで見た中で一番立派な作りをしていました。

一応国際空港なので海外への便も少数ですがあるようです。(香港行きの便を見ました)

チェックインカウンター。これは空港というよりも航空会社のオペレーションが悪いのですが、チェックインのところに便名とかがまったくなくて、どこでチェックインすればいいのか全然わかりませんでした。

全て香港って書いてあったのですがそこに並んだらチェックインできました。

イロイロ空港のセブパシフィックの管理体制はかなりズサンです汗。

出発ゲートへのエスカレーター

チェックイン後はこんな感じのロビーで待ちます。マニラ行きの便が遅れていたようで混雑していました。

ロビー内にはカフェが3件ありますが、特に食べ物系がたいした物が無いので、事前にモールとかで済ませておくことをオススメします。

以上イロイロ空港の紹介でした!

かなりマイナーな空港ではありますが、どこかの誰かの役に立てば良いかなと思います。

管理人オススメのフィリピン留学英語学校
【サウスピーク】

サウスピークはセブ島の英語学校でマネージャーとして勤務経験のある管理人がおすすめする英語学校です。サウスピークの良いところは徹底した成果重視。ただ遊んで終わるだけの学校とは一線をかす授業・カリキュラムを提供しており、集まる学生のモチベーションも非常に高いです。