フランクフルトの東横インに泊まったのでレポートします。

今度、ドイツのフランクフルトに行きます。ホテルは東横インが安心かなと思っているのですが、価格帯とか部屋が日本と同じクオリティなのかちょっと不安です。実際に泊まった人の声を聞いてみたいです。

 

この記事ではこのような疑問にお答えします。

 

ドイツのフランクフルトに行ってきました。

なんとフランクフルトには日本人にとっては超お馴染みのホテルである東横インがあるんです!

(ドイツには1店舗のみ、ヨーロッパ内ではあとフランスにも1店舗あります。)

 

そして滞在期間中に東横インには2泊してきました。その他はホステルとか現地のビジネスホテルみたいなところにも泊まりました。

 

この記事では日本人の僕から見たフランクフルトの東横インのレビュー、あとどんな人におすすめできるかを詳しく解説していきたいと思います。

フランクフルトの東横インに泊まったのでレポート

☑️東横イン(フランクフルト店) 基本情報

料金:48ユーロ〜(観光の場合は別途観光税の支払いが必要 1日/2ユーロ)
朝食、バスタブ、WiFi有り
チェックイン16:00~ / チェックアウト~10:00

>>Agodaでホテルの詳細をチェックする

 

まず結論からドイツ,フランクフルトの東横インはこんな人たちに勧められると思いました。

☑️フランクフルトの東横インはこんな人にオススメだった!

・馴染みのある部屋に泊まりたい

・日本語が通じるスタッフがいるホテルに泊まりたい

・バスタブに浸かりたい

・中心駅周辺の1人部屋でコスパの良いホテルに泊まりたい

・朝飯に日本食が食べたい

 

それぞれを詳しく解説していきましょう。

馴染みのある部屋に泊まりたい

国内でもそうなのですが、東横インはどこで泊まってもほぼ同じ間取りと家具の部屋というのが特徴です。

↓実際に泊まった部屋の写真

外国なので材料とか器具のちょっとした違いはあるでしょうが、見た感じは完全に東横インの部屋ですよね。

この安定感はドイツでも健在でした。

 

もともと東横インは「第二の家」というコンセプトでやっており、どこでも同じ部屋というのは安心感を生み出します。

まして、海外で初めて訪れる国であれば尚更ですよね。

日中はがっつりヨーロッパの町を観光して、夜は安定の日本宿でのんびりなんてのも良いでしょう。

日本語が通じるスタッフがいるホテルに泊まりたい

全てのスタッフが日本語を話せるわけでは当然ありませんが、東横インなので日本人スタッフも常駐しています。

一般的なドイツのホテルで日本語がわかるスタッフなんてまずいないでしょうから、言語面で不安がある人で日本人スタッフを求めるのであれば東横イン一択であると思います。

バスタブに浸かりたい

基本的に海外ではそこそこ良いホテルでないとバスタブは付いておらずシャワーだけの場合が多いです。

1泊5,000円程度のビジネスホテルクラスだとほぼ付いていないと考えた方が良いでしょう。

 

しかし、東横インには当然あります。しかもあのユニットバスが!

これはもう完全に日本のものです。

そもそもユニットバスなんて日本にしかないので、わざわざ運んだのでしょう。

さらにトイレにはウォシュレットまであります。最高です。

 

先ほども言いましたが、東横インと同レベルのホテルですとシャワーのところが多いです。

バスタブに浸かってゆったりしたい人には、日系だとか関係なくコスパの良いホテルであるとも言えます。

中心駅周辺の1人部屋でコスパの良いホテルに泊まりたい

まず東横インのフランクフルト支店は非常に立地が良いです。

写真でよく見るフランクフルト中央駅から徒歩5分かからないくらいのところにあります。都内であれば東京とか新宿駅のすぐ近くみたいなイメージです。

ホテルの前がバス会社の発着場所となっており空港へのアクセスも非常に良いですし、観光や他の都市に行くのにも最適ですので立地面で言うと最高レベル。

空港からもバスで市内にくる場合は、東横インの真ん前が停留所です笑。

 

また料金面でいうとシングルルームで約6,000円ほど(時期にもよる)。

日本とほぼ変わらない値段設定です。

 

しかしドイツは全体的に日本よりも物価が高く、ホテル代も高くつくことが多いです。

そう、ドイツで1人部屋6,000円というのはかなりコスパが良い方に入るのです。

 

日本人スタッフがいるからとかそういう理由抜きにしても、そもそもオススメできるホテルだと思います。

朝飯に日本食が食べたい

最後に東横インの代名詞でもある朝食。

もちろんフランクフルトでもついてきます。(ドイツのホテルは朝食付きがほとんどでした)

 

料理はドイツ料理&日本食って感じ。

ドイツの方はパンとかソーセージとか、ホテルの朝食ブッフェでよくある洋食ゾーンに近いです。

日本食は、ご飯,ふりかけ,味噌汁・・・。おかず系はそんなに無かった記憶がありますが海外だとこれだけでもだいぶ有り難く感じます。

残念だった点

これまではメリットを多く語ってきましたので、デメリットに感じたところも最後に紹介しておきます。

・チェックイン時間が遅くて、チェックアウト時間が早い

東横インフランクフルト店のチェックインは16時からとちょっと遅めで、チェックアウトも10時と若干早いです。

早めにチェックインできることもあまり無さそうなので、早めにホテルで休みたかったという気持ちもありちょっとこれは不便に感じました。

個人的にはデメリットぶっちゃけこれくらいで、全然メリットが勝つレベルです。

結論=とても良いホテル

実際に泊まってみて、いろんな面でとても優秀なホテルであると感じました。

個人的に特に良かったと感じるポイントは、

・中心駅のすぐ隣で立地が良い
・綺麗でバスタブがある
・宿泊料金もリーズナブル

この辺でしょうか。

こちらは大いに泊まる価値ありです。

 

また東横インなので日本人ばかりかなと思っていたら以外にも外国人の方が多かったです。感覚としては6(外人):4(日本人)くらい。

やはりリーズナブルにシングルに泊まれるのでビジネスマンに重宝されているようです。

日本から出張に来ているという人とも話しましたが、やはり立地が良くて安いのでドイツ出張の時は東横インに泊まると決めているそうです。

 

というわけで観光でもビジネスでもオススメできるコスパの良いホテルでした!

 

☑️東横イン(フランクフルト店) 基本情報

料金:48ユーロ〜(観光の場合は別途観光税の支払いが必要 1日/2ユーロ)
朝食、バスタブ、WiFi有り
チェックイン16:00~ / チェックアウト~10:00

>>Agodaでホテルの詳細をチェックする

管理人オススメのフィリピン留学英語学校
【サウスピーク】

サウスピークはセブ島の英語学校でマネージャーとして勤務経験のある管理人がおすすめする英語学校です。サウスピークの良いところは徹底した成果重視。ただ遊んで終わるだけの学校とは一線をかす授業・カリキュラムを提供しており、集まる学生のモチベーションも非常に高いです。