英語学習で疲れたと感じた時の対処法4つ【一旦休んでOK】

英語学習を頑張ってきたけどなんか疲れました。こういう時はどうしたらいいでしょうか?

この記事ではこのような疑問にお答えし、4つの対処法を紹介していきます。

英語学習はかなり長いスパンでの学習が必要になるため、途中で挫折したり嫌になってしまう人は多いです。そうなってしまう前にあなたがこの記事に出会えていることをまずは祈りますが、一度やめてしまった人もこれから紹介することを行えばモチベーションが復活するかもしれません。

日本で英語を頑張っている人にも、語学留学中の人にも役立つ記事にしたいと思います。

ちなみに僕はセブ島の英語学校で働いていた時期もあり様々な学生を見てきましたが、留学中の学生では特に毎日英語の授業漬けなので、こうした壁にあたる人が非常に多いです。

英語学習で疲れたと感じた時の対処法4つ【一旦休んでOK】

結論から言うとまずは一旦休もうか!ということですね。

あとは様々な方法でリフレッシュすることで、英語から離れずにモチベーションを向上することも可能です。

1つずつ解説していきます。

一旦休む

一番大事なのは無理しないで一旦休憩しましょう、ということです。

英語に限らず語学習得は非常に長い時間を要する作業です。であれば途中で息切れするのはむしろ普通なことであり、一番避けるべきなのは「やりすぎて嫌いになってしまう」という状態です。

事実、僕も何度か疲れて離れた時期がありますが本当に嫌になってしまう前にストップをかけるようにしていますので、またすぐ戻ってくることが出来ます。

なのでまずは一旦休んでも大丈夫というマインドを自分の中に置いておきましょう。

海外旅行に行ってみる

英語学習は初期の文法学習や単語を覚えたりする地道な作業も存在するわけで、決して楽しいばかりのものではありません。

「英語は机に向かって勉強しちゃいけない」という意見も多いですが、僕は基本的に反対です。実際にノンネイティブで僕が尊敬できる英語力を持っている人は総じてかなり努力しています。要はめちゃくちゃ勉強しています。そして机に向かってない人の英語力は大したことないパターンが非常に多い。

人気YoutuberのAtsuさんとかが良い例でしょう。Atsuさんの圧倒的な英語力はまさに努力の賜物です。
Atsueigo: https://www.youtube.com/channel/UCgeaC4OEk0t54m2hWQtjjIw

とはいえ本来英語で人とのコミュニケーションを取ることは楽しいものです。僕が英語学習を始めたキッカケは東南アジアへのバックパッカー旅だったのですが、今でも海外旅行に出るとこの初心に戻ることが出来ます。

日本語が通じない現地の人や他の国からの旅行者と外国語で会話している時は、英語をやっていて良かったと思える瞬間であり醍醐味でもあります。

そして日本へ帰国したあとはまた勉強を頑張れるといった具合です。

現在、海外で語学留学中の人でもその国内で旅行したり他の国に行ってみるのも多いに有りです。フィリピン留学ではビザが2ヶ月を過ぎるとかなり更新費用が取られます。そのため敢えてマレーシアとか東南アジアの近い国へ週末を利用して旅行したりする人が多いです。

ヨーロッパの国内での留学であればEU内であれば国内線扱いで出国審査無しで移動できますし、一度他の国へ出てみると良いかと思います。

短期留学に行ってみる

現在、日本に住んでいる人向けですが短期留学もオススメです。特に留学にまだ一度も行ったことがないという人は、例え1週間でも行ってみるとモチベーションが大幅に上昇する可能性があるので是非行ってみてください。

東南アジアでもネイティブ圏でも1週間から留学できる学校は多々あります。僕も実際にこの前オーストラリアのメルボルンで1週間留学してきました。

関連記事

・オーストラリアでの留学や授業の様子を知りたいです この記事ではこのような疑問にお答えします。 オーストラリアのメルボルンに行ってきました。1週間丸々休みを貰えたので、どこに行こうかなーと悩んでいたところ、短期だし普通の旅行も退屈に[…]

この短期留学には様々な理由があるのですが、ひとつは英語学習へのモチベーションを取り戻すためです。ネイティブが話す生の英語に触れたり、世界中から集まった優秀なクラスメイトからも刺激を貰うことができました。

ちなみに短期であればなるべく近くて時差が無い国がオススメですね。

フィリピンは片道5時間で時差も1時間なので一番手軽に留学できる国だと思います。オーストラリアの場合は片道10時間程はかかりますが時差が1時間しかありませんので割と体への負担は少ないです。1週間のステイでも割と満喫できました。

英語学習系Youtuberの動画を見る

これも僕が実際に行なっていた方法です。

「あーもう机には向かいたくないけど、英語に関係あることはやっていたい・・・」という気分に英語系Youtuberの動画はピッタリです。

有名なバイリンガールとかはポップでラフな内容になっており、見ていても勉強しているという感覚はほぼありません。でもって勉強になりますし、何よりもあの英語ペラペラさを見ていると「自分もああいう風になりたい!」とモチベーションも上がってきます。

バイリンガール:https://www.youtube.com/channel/UCPlreGCqby4Qg9Vuem5scpw
AK in Canada:https://www.youtube.com/channel/UCWdFb_w3JI1BPTiBCXERg2Q

あとは旅行が好きだったり、海外移住・就職を目標としているのであれば「海外旅行・生活系」の動画もいいですね。自分がこういう場所に行って英語を使うんだというイメージをすることが出来るようになります。

バイリンガールでは今オーストラリアのメルボルンにいるようで、最近は現地紹介系の動画が多いですね。

僕は特に東南アジアらへんの海外移住とか就職とかに関心があるので、下記のYoutuberをよく見てたりします。

ジブリおじさん:https://www.youtube.com/channel/UCJfm-feI6sSoaDwFx_viN1g
でいぜろバンコク:https://www.youtube.com/channel/UCIf6Be2vU1ZziTXEBoRczgg

まとめ

英語学習で疲れたと感じた時の対処法4つを解説しました。

・一旦休む
・海外旅行に行ってみる
・短期留学に行ってみる
・英語学習系Youtuberの動画を見る

あとは英語の中でもTOEICをやりすぎてTOEICが嫌になるというパターンもあります。(著者は体験者)

そういう時は敢えて数ヶ月くらいTOEICから離れたりしてみます(あくまで英語の学習は継続)。すると戻ってきた時にあれっ?ってくらいスコアが上がっていたりします。

とりあえず今までどんなに好きだったことでも、一旦距離を置くというのは悪いことじゃないと思いますよ。

人間関係も然りですし・・・。

 

人気記事【転職でTOEICを活かす方法】TOEIC900点越えで転職活動をしてみた

人気記事【元英語学校マネージャー】の僕がオススメするオンライン英会話5選