【断言します】TOEIC本番前日にやるべきことは2つだけです

TOEIC本番の前日にどんなことをするべきか知りたいです。

この記事ではこのような疑問にお答えします。

「明日は試験本番だがベストスコアを出すためにできることはしておきたい、何をすればいいのかわからない」という人は多いんじゃないかと思います。

この記事では、TOEIC945点を取得しており沢山の英語学習者へのカウンセリング経験のある僕が、本番直前にするべきことを詳しく解説していきます。

ちなみにこの方法はTOEICだけではなくて、全ての英語試験に共通で言えることであると考えています。

TOEIC本番前日にやるべきことは2つだけです

結論から言うと試験前日にやるべきことは以下の2つです。

・模試を本番形式で行う

・休む

それぞれの理由と方法を詳しく解説していきます。

ちなみにこの2つに共通しているのは「本番で今の実力を最大限に出す」ことにフォーカスしている点です。

模試を本番形式で行う

前日に単語や文法を覚えたところで付け焼き刃に過ぎません。基本的には1日で根本的な英語力が上がるわけはないので、単語や文法などの基礎的な学習ではなくやるべきことはテスト対策となります。

さらに言うとテスト対策用のテクニックを前日でやっても1日で身につけるのはなかなか難しいと思います。

テクニックを学んで実戦形式の模試で実践することで初めて本番でも通用する力となります。

では前日でも効果があることは何か。それはテスト、英語に慣らすということです。本番形式で時間を測って模試を一通り解いてみましょう。そもそも2時間英語テストぶっ通しというのは日常のシチュエーションではなかなか無いので相当なストレスというか負荷がかかると思います。

また前日に慣らしておくことで本番の集中力を伸ばすことが出来ます。日常的に英語を聞いたり読んだりする時間も日本に住んでいれば基本的にありません。模試を一度やればある程度脳を英語モードに慣らしたりシフトすることができるでしょう。

このような理由からテスト前日にはTOEICというテストや英語に脳と体を慣らしておくのがオススメです。

スポーツでいうと試合前のアップやストレッチに近いイメージですね。前日に単語とか文法とかをがっつり勉強するのは、試合前日に筋トレをしたりしてるのと同じことです。スポーツ経験者ならわかると思いますが、これって基本的には推奨されないやり方ですよね。前日にいきなり試合で役立つ筋肉は付きませんし、むしろ疲労で結果が出しづらくなりますので調整といって疲れを溜めない程度に現状の力を維持するトレーニングを行うのが主流です。

休む

もうひとつはシンプルに休むことです。そもそも英語力、TOEICのスコアを上げるには長いスパンが必要となります。

前日でどうあがいても英語力は1日では絶対に上がらないので、それならば割り切って今の実力を最大限出すことに注力しましょう。

そしてそれにはズバリ休むこと。僕自身も試験前日に勉強することはほぼありません。当日も直前まで単語帳を見たりしている人も多いですが、クリアな状態で臨めるように試験会場に参考書を持ち込むことはしませんね。強いて言うならば、英語のラジオ、音楽、動画などを見たりします。あくまでリラックスした状態で脳を英語モードにシフトするためです。

個人差もあるかもしれませんが、僕の場合はガチガチに直前まで準備した状態で良い結果が出たことがありません。現時点でのTOEIC最高点はむしろ寝坊してちょっと遅刻して入った時に取りました。

別に英語試験前日だからといって、必ず英語に触れなければいけない必要もありません。最初に紹介した模試も必要不可欠ではありません。前日は英語にはまったく触れずにとことん遊んだり休むというのも1つの手だと思います。

酔っ払っていると普段よりも英語がすんなり出てくるなんていう人もいたりしますが、これもやはりリラックス出来ている状態であるからだと思います。人が最も力を出せる時はリラックス状態であるという話もどこかで聞いたことがありますね。

「この日で試験で絶対◯◯点を取らないといけない!」という状況だとどうしても緊張感が強くなってしまい、上記のような理由から良いスコアを出せないケースも多いです。就職や転職、受験等で絶対的に必要な点数がある場合は余裕のある試験スケジュールを心がけましょう。

 

ちなみに僕の失敗談をシェアしておきますと、

TOEIC当日に試験時に少しでも脳を目覚めさせるためにいつもよりかなり早起きして朝ジムに行って運動してから試験に臨んだことがありました。結果はベストスコアは出ず。

日常のルーティーンからはずれた状態だと脳も体も緊張してしまうため失敗したなーと思いました。試験日はあくまで日常ルーティーンの延長として臨むのがベストです。その日だけいきなり早起きしたり大量に食べたりすると、あまり良くないですね。

逆に言うなら2週間前から毎日模試を1セット解くと、試験1セットが自分のルーティーンになるため非常に強いです。ほぼ実力最大のスコアを出すことができるでしょう。

というわけで、TOEIC本番前日でやるべきこと2つでした。

模試を解くということも解説しましたが、極端なことを言うならぶっちゃけ何もしなくても良いとさえ思っています。

技的なところは1日でなんとかなっても根本の英語力は1日では絶対的に何も変わらないです。

【参考書籍】

 

人気記事【転職でTOEICを活かす方法】TOEIC900点越えで転職活動をしてみた

人気記事【元英語学校マネージャー】の僕がオススメするオンライン英会話5選

管理人オススメのフィリピン留学英語学校
【サウスピーク】

サウスピークはセブ島の英語学校でマネージャーとして勤務経験のある管理人がおすすめする英語学校です。サウスピークの良いところは徹底した成果重視。ただ遊んで終わるだけの学校とは一線をかす授業・カリキュラムを提供しており、集まる学生のモチベーションも非常に高いです。